ボトックスは効果あり!初めてのプチ整形入門!

マイクロボトックスとは

女性

マイクロボトックスリフトについて

表情じわやエラに効果があるボトックスですが、小じわの解消やリフトアップ、美肌の効果がどれも得ることができるマイクロボトックスリフトについて解説していきます。マイクロボトックスリフトは、普通のボトックスと違い、皮膚の浅いところに注入します。目尻やほうれい線、フェイスラインなど様々な部位のリフトアップをすることができるのです。また、毛穴の引き締めや美肌効果もあり、若々しい肌でいたいという人にうってつけの美容法です。少量を広範囲に注入するとで、全体的な若返りが可能になるのです。マイクロボトックスリフトは、ボトックスと同じく徐々に効果が現れ、持続していきます。持続期間は、半年なので、数回繰り返すことで、持続期間が伸びていきます。クリニックや注入部位により金額は異なりますが、持続期間は半年で、普通のボトックスと同じです。ボトックスは、継続的に注入する必要があります。マイクロボトックスリフトは、一部だけに注射する時の効果とは違い、皮膚の表面を柔らかくし、肌の引き締めが可能です。安全性がたかいので、アレルギー等の心配もなく安心して使えます。

塗るボトックスがある?

ボトックスは注射で打つものというイメージがありますが、「塗るボトックス」と呼ばれているものがあるのはご存知でしょうか?ボトックスに興味があるけれど、注射は怖いという人にはうってつけのような気がします。しかし、塗るボトックスは実はボトックスとは違うものです。ボトックスはスペインのリポデック社がアミノ酸のアルジルリンという成分を開発したものです。このクリームを塗るとボトックスをしたように効果がでるということから、塗るボトックスと呼ばれるようになりました。しかし、成分は全然ちがうものなのです。ではアルジルリンとはどのような成分なのでしょう。アルジルリンとはしわの原因物質に働きかけて、しわの改善をしてくれます。しかし、ボトックスほどの強い効果や即効性はなく、しわとりクリームの範疇を抜けないものと言えます。ボトックスと比べてメリットがあるとすれば、副作用が少ないと言われているボトックスよりもさらに副作用が少なくデメリットがないところです。肌が突っ張るようなことや表情が動かなくなる事はないので安心して使用できます。アルジルリン以外にも塗るボトックスと呼ばれているクリームがあります。シンエイクという成分が配合されたクリームです。シンエイクは、蛇の毒を参考に作られたという不思議な薬です。スイスで発症したシンエイクは、しわの予防に効果的で。アルジルリンの何倍もの効果があると言われています。もう一つの塗るボトックスというと、プロジェリンです。プロジェリンは、韓国製の成分で。ボトックスに変わる成分として発売されました。プロジェリンは老化を遅くする働きがあります。肌がもともと持っている力を最大限発揮させることができるものです。このような塗るボトックスを使用することにより、より若々しい肌に近づくことができます。

Copyright© 2019 ボトックスは効果あり!初めてのプチ整形入門! All Rights Reserved.